大阪食支援

記事一覧(23)

第1回 未来院長塾 2018 (2月18日(日))「2025年への医院経営ロードマップとライフプラン」

新年明けましておめでとうございます。未来院長塾です。旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。さて、未来院長塾のミッションのひとつである「2025年の地域医療連携で活躍できる歯科医師の養成」の2025年まで、あと7年となりました。以前より2018年は非常に重要な年になると言われており、これからの7年間は歯科医師人生の中でも最も慎重に歩んでいかなければならないと言っても過言ではないかもしれません。というのも、2018年は第7次医療計画のスタート年、同時に市町村の介護保険事業計画のスタート年、そして診療報酬改定・介護報酬改定の同時改定年でもあります。今年も、まずは田中健児先生のセミナーで、2018年に描くべきロードマップの一例を示していただこうと思います。◆講師からのメッセージ 雑誌の新年号の特集には、その雑誌編集部の時代認識が反映されることが多い。今年の歯科雑誌の新年号で、さすがだと思わせる時代認識を示したのは「超高齢社会 歯科医療のフィールドを広げようー診療室の外へー」と題した特集を組んでいた日本歯科評論です。  編集部は、歯科医師たちに「広く診療室の外へ踏み出すきっかけ」をつかんでもらいたいう願いを特集に込めています。先生方は、フィールドを広げるための「翼」を持っていますか? 団塊の世代が後期高齢者に達した2025年から振り返れば、転換期は、診療報酬・介護報酬が同時改定される2018年度だったというのが医科界の共通認識です。その認識からみると、ザ・クインテッセンスなどの新年号の特集はあまりにもお粗末。 2月18日の未来院長塾では、診療室の外の世界がどのように変わろうとしているのか、どのようにしたら診療室の外へ踏み出せるのかなどを事例を交えて講義し、現状の動きから将来像を展望します。

歯科診療所での摂食嚥下リハビリテーション事始め1

こんにちは.林宏和です.最近,私が,地域の医療・介護関係者から聞く歯科に対するニーズは,他職種による義歯の管理方法,口腔ケアについて,そして一番多く聞くのは嚥下障害を診られる歯科医師はいないかということです.大学で摂食嚥下を専門としていた私が地域にでてきた使命は,もちろん摂食嚥下障害の患者を診ることですが,それ以外に大学で得た専門知識と経験を地域に広めることと思っております.なぜなら,嚥下リハの臨床は決して1人でできるものではなく,広めることでより多くの嚥下障害患者を救うことができ,また,地域歯科医療の発展に繋がると信じているからです.さて,これまで摂食嚥下リハの教育を受けてこなかった歯科医師が摂食嚥下リハを始めるには,どうすればいいでしょうか? 口腔機能を管理している我々歯科医師は,摂食嚥下障害に気付ける機会が多いはずです.まずは嚥下障害の徴候に気付けるようになること.日頃より自分が歯科治療している患者さんの口腔機能がどのような食形態を摂取可能か,また安全に飲み込める食塊形成をできる口腔機能をもっているかまでは把握していただければと思います. もし嚥下障害患者に気付くことがあれば,皆さんが摂食嚥下リハを始める支援をさせていただきたいと思いますので,ぜひ未来院長塾にご相談ください.気付きのヒント↓EAT10 嚥下障害の質問用紙です.例えば高齢者の初診問診用紙に挟んでもよいかと思います.http://www.maff.go.jp/j/shokusan/seizo/kaigo/pdf/eat-10.pdf

歯科遠隔医療が変える医療の未来

先日、未来院長塾の田中佑人先生と、竹山でオンライン対談に参加させてもらいました。対談の目的は、歯科医師によるZOOMオンライン対談を通じて、歯科遠隔医療の「適正な」実施方法の普及を図るとともに、医療連携の可能性の探究と実践を通じて、日本・世界の医療・健康水準を向上させること、です。日本遠隔医療学会、歯科遠隔医療分科会、会長の長縄拓哉先生を含めた3人の歯科医師らでの対談でした。ファシリテーターは山崎奨さんです。各々のバックグラウンドと、現在の活動、今後の展開について語り合いました。こういった形での対談は初めてで、簡潔に伝えることの難しさを知りました。言いたかったことは、「未来の創り方は一つじゃないよ」ってことです。(あれ?そんなこと言ってましたっけ?笑)歯科医療に限らず、医療全般は温故知新の下にあります。ただ、その積み重ねの作業と共に、外部からの新しい技術や知見を活かしながら、相乗的にイノベーションを起こすことも大事だよね、色んなアプローチがあるよねって思います。よそ者、ばか者、わか者が、世界を変えることが出来るのだと、やっぱりそう思ってます。私はもう30歳を過ぎたので、「ばか者」しか残っていなさそうですが。対談ページはこちら対談YouTubeはこちらです↓

初コラム!医療におけるマーケティング

塾長コラムのカテゴリが出来てから暫く経っているのに、全然更新してませんでした、すみません。ただ、初コラムにふさわしい内容も思いつかないので、最近感じていることを書こうかなと思います。未来院長塾は、これからの院長に求められるスキルをバランス良く学べる場が必要だと思い設立しました。また、大きな勉強会や、企業ベースのセミナーでは扱わないような”未来への投資”を目的としたニッチなテーマを中心にセミナーを組み立てています。未来院長塾では、院長に求められるスキルを「歯科医師 specialist + 経営者 manager」と考えており、高度な専門技術や知識と同様に、経営に関することも求められると考えています。と言いながら、まだちゃんとした経営関連のコンテンツを用意できていないので、コラムで少しずつ小出しにしていこうかなと思っています。まず「経営」とは何ぞや、というところですが、経営もしたことのない私が言っても説得力がないわけですが、学問的にはいくらでも学べるわけです。経営とは、ヒト(人財組織)、モノ(マーケティング)、カネ(会計)に大きく分けられると思ってます。どれも大事ですが、私はマーケティングはかなり大切で、しかも学問的にも非常におもしろいカテゴリだと思っています。マーケティングに関するビジネス書がたくさんある理由は深く考える価値がある分野だからです。経営学で超有名なピーター・ドラッカーは「優れたマーケティングは、セールスを不要にする」と言っています。さらには「マーケティングの目的は、顧客を知り、理解し、商品・サービスが顧客にフィットして、勝手に売れるようにすることである」と言っています。マーケティングをしていれば、セールスが不要になってくるということです。 では、「勝手に売れる商品なんてあるのかよ?」ってなりますよね。実は医療がそうなんです。医療はマーケティングがセールスを不要にしています。考えてみてください。皆さんも病院には行ったことがあると思いますが、その時、薬を売り込まれたことはありますか?「この薬、今ならお得です!」なんて聞いたことないですよね。全部自動的に買いますよね。なぜでしょうか。それは必要性が完全にわかっているからです。優れたマーケティングはセールスを不要にするわけですが、薬はセールスが不要になっています。つまり、マーケティングとは教育です。「あなたがこれを買わなければいけない理由を教育する」ことがマーケティングです。院長として、医院経営にかかわるマーケティングを学ぶことは重要です。そんなことを学べるセミナーを今後用意していきたいと思います。