大阪食支援

記事一覧(41)

第3回 未来院長塾 2018(4月15日)「矯正治療の専門家からの提言 少子化時代を支える”口腔育成”という先制医療」

さて、4月15日、2018未来院長塾 第三回講義の参加募集のお知らせです。少子超高齢社会と叫ばれて久しくなりましたが、超高齢問題に関するセミナーや講演は数多く存在します。その一方で、少子化について、専門的知見、特に歯科的知見から企画された講演会の機会は少ないと思われます。私たち未来院長塾は、少子超高齢社会で社会から求められる歯科医師の養成をミッションとしています。第3回は矯正治療医として、豊富な経験と実績をお持ちの、永木 恵美子 先生にご登壇いただきます。テーマは「矯正治療の専門家からの提言 少子化時代を支える”口腔育成”という先制医療」です。先制医療という言葉は聞きなれないかもしれませんが、将来起こりやすい病気を疾患の発症前に診断・予測し,介入するという予防医療です。先制医療が実現すれば,高齢化に伴い高騰する医療費・介護費の抑制に加え,治療成績の向上や健康寿命の延長も見込めるとして注目を集めています。そういった意味では歯科医療そのものが、医学的に先制医療そのものだと言えると思います。小児期から口腔育成(矯正学的、小児歯科学的)という概念の元で、正しい歯科的介入がもたらす恩恵は計り知れません。今回は、未来院長塾初の小児領域、そして初の女性講師です。今回も人気講座になること必至です。参加申込はお早めにお願いします。